名古屋港水族館の所要時間は?イルカのショーなど見どころを押さえた回り方

イベント

名古屋の観光名所の1つである名古屋港水族館ですが、初めてだとどのくらいの時間で回れるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか?

他にも予定があるという方は特に気になるところですよね。

人気のイルカのショーなどもあるので、事前に時間は把握しておいた方がいいです。

ということでこれまで何度も足を運んだことがある筆者が、名古屋港水族館の所要時間と見どころを押さえた回り方をご紹介します。

効率よく回って、思いっきり楽しみましょう♪

 

スポンサーリンク

名古屋港水族館の所要時間は?

名古屋港水族館には北館南館があり、両方回るのに要する時間は平均2~3時間です。

サッと見るだけで良いという方なら1時間程度でも回れます。

 

また、名古屋港水族館ではさまざまなイベントが行われています。

イベントに参加すると3時間以上かかる場合もあります。

中でもシネマ館では映画が上映されているので、それを観るとなるとさらに時間が必要になります。

 

それから、混雑している場合にも回るのに時間がかかりますね。

平日はわりと空いていますが、土日祝は混雑していることが多いです。

平日でも春や秋の午前中は遠足などの団体客がいたりするので、ゆっくり見れないことがあります。

あと、GWや夏休みなどの長期連休には混雑します。

ゆっくり見て回りたいという方は、行く日にちや期間にも気を付けた方がいいですね。

 

小さい子供連れの方やベビーカーで来られた方もスムーズに回れない場合があります。

そういった方はなるべく空いている時間帯に来館した方がいいですね。

 

スポンサーリンク

 

イルカのショーなど見どころを押さえた回り方

名古屋港水族館には押さえておきたいイベントが2つあります。

1つ目は「イルカパフォーマンス」

平日は3回、土日祝は4回程度、北館3Fスタジアムで約20分間行われています。

「名古屋港水族館に来たらこれを見なきゃ!」というぐらい、子供から大人まで楽しめるイルカのショーです。

 

2つ目が「マイワシのトルネード」

平日は2回、土日祝は6回程度、南館2Fで約5分間行われています。

35,000匹のマイワシの群れが照明とともに舞い踊り、とても幻想的です。

ちなみに「マイワシのトルネード」はここ名古屋水族館が元祖だそうですよ。

 

どちらのイベントも時間が決まっていますので、来館したらまず時間を確認することをオススメします。

エントランスに「本日のイベントスケジュール」が掲示されています。

公式サイトでも確認できますよ。

 

入口の場所は北館2Fにあたります。

入るとまずは北館を回る流れになりますので、そのまま2階を見て回り、イルカパフォーマンスの時間になったら3Fへ移動するという流れがスムーズですね。

 

もしマイワシのトルネードが先に行われるようなら、南館を先に回るのもオススメです。

南館へは2階でつながっていますので、入口から入ったらまずは南館の方へ移動します。

南館は1F~3Fがあり、マイワシのトルネードは2Fの黒潮大水槽で行われます。

 

スポンサーリンク

 

名古屋港水族館の基本情報

<営業時間>

期間 営業時間

日程

通常 9:30~17:30

3月下旬~11月まで

GW、夏休み 9:30~20:00

GW、夏休み

冬期 9:30~17:00

12月~3月下旬まで

休館日 毎週月曜日(※祝日の場合は翌日)

GW・7月~9月・年末年始・春休みは無休

臨時休館あり

 

<個人料金>

 

大人

高校生 小・中学生 幼児(4歳以上)
個人

2,000円

2,000円 1,000円 500円
夜間入館(GW・夏休みの17:00以降)

1,600円

1,600円 800円 400円

 

<アクセス>

・電車の場合

最寄り駅:地下鉄名港線「名古屋港」駅(3番出口)徒歩5分

 

・車の場合

ガーデンふ頭駐車場/ガーデンふ頭西駐車場

乗用車:100円/30分(入庫から24時間までごとに1,000円)

 

名古屋港水族館の所要時間は参加するイベントで決まる!

名古屋港水族館の平均所要時間は2~3時間です。

1時間でサッと回る方もいれば、3時間以上じっくり見る方もいます。

大切なのは最初にイベントの時間を考えてスケジュールを組むことです。

早く始まる方のイベントに合わせて、回るルートを決めるといいですね。

観光施設としては決して安くはない水族館ですので、効率よく回って思いっきり楽しんでくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました