【エール】菊池桃子が若い!違和感ない、かわいいの声続出!

ドラマ

エールで古山裕一の母・古山まさを演じている菊池桃子さん。

出産シーンから始まりましたが、赤ちゃんを抱いているシーンでも違和感がありません。

その後小学生の母を演じているのですが、とにかく若い!

かわいいという声すらあがっていますよ。

 

スポンサーリンク

【エール】菊池桃子が若い!違和感ない、かわいいの声続出!

エールでの菊池桃子さんが若いという声がたくさんあがっています。

菊池桃子さんは主人公・裕一の母・古山まさを演じています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

織物で栄えた川俣で生まれた。兄の茂兵衛からの再三の養子要請と裕一の音楽の道を応援したい夫の三郎との間で板挟みとなり苦労する。

裕一の出産シーンで初登場した菊池桃子さん。

菊池桃子さんは、1968年5月4日生まれの51歳です。

なのに、赤ちゃんを抱いているのも違和感ないですよね!

その後裕一は小学生のお母さんを演じていますが、若々しいです。

もともとキレイな女優さんですが、さすがといった感じですね!

これからどうやって歳を重ねた姿を演じていくのかも楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました