中條誠子アナウンサーの身長は夫よりも背が高い?声の評判もチェック!

有名人

朝ドラ「スカーレット」のナレーションを務めている中條誠子アナウンサー。

どんな方なのかプロフィールをまとめてみました。

身長が高いようですが、どれぐらいあるのか?

旦那さんはどんな方で、同じく背が高いのか?

など気になることや、声の評判についても迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

中條誠子アナウンサーのプロフィール

(女性アナウンサー大図鑑  https://joseiana.com/archives/5531)

【プロフィール】

名前   中條 誠子(なかじょう せいこ)

出身地   兵庫県宝塚市

生年月日   1973年6月25日

最終学歴   聖心女子大学文学部卒業

勤務局   NHK放送センター

部署   東京アナウンス室

職歴   高松→大阪→東京アナウンス室→富山→東京アナウンス室

好きな食べ物   甘エビのお刺身 スイカ 赴任して熱烈なファンになった富山の海の幸、山の幸 バーベキュー

趣味、特技   自然観察、芸術鑑賞(美術も音楽も舞台も)、歌うこと、旅

モットー   ’大変’こそ進化のチャンス

 

<担当番組>

新日本風土記(2016年)  ナレーション

ワイルドライフ  ナレーション(不定期)

どーも、NHK  司会

ETV特集  ナレーション(不定期)

コズミックフロント☆NEXT  ナレーション

2019年9月30日から始まるNHKの朝ドラ「スカーレット」では、語り(ナレーション)を務めます。

 

<同期アナウンサー>
  • 長野亮さん
  • 伊東敏恵さん
  • 上野速人さん
  • 住吉美紀さん
  • 鈴木聡彦さん
  • 村上由利子さん
  • 安田真一郎さん

 

スポンサーリンク

  

中條誠子アナウンサーの身長は夫よりも背が高い?

(テイチクミュージック  https://teichiku-music.co.jp/news/1332/)

中條誠子アナウンサーの身長は、非公開とされていますが、他のアナウンサーと比較し予想した身長だと170㎝前後でした。

女性の平均身長にしては、少し高めですね。

 

中條誠子アナウンサーの旦那さんについては詳細が不明で、転勤のある研究職とも言われていますが、確証はなく噂でしかありません。

結婚したのは「おはよう日本」を担当していた時期で、2002年4月1日~2005年3月25日頃といわれており、その後2児の母となっています。

 

旦那さんの身長の情報もないので、170㎝前後の予想があっていれば、旦那さんの身長よりも中條誠子アナウンサーの方が高いかもしれません。

 

 [ad]

 

中條誠子アナウンサーの声の評判は?

(NHK女子倶楽部  https://nhk-jyoshi.club/archives/16477)

  • 新日本風土記
  • 地球!ふしぎ大自然
  • ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜
  • 大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」

など様々なナレーションを務めている中條誠子アナウンサーの声の評判は、どんなものがあるでしょうか。

 

 <中條誠子アナウンサー 声の評判>
  • 中條アナのアナウンスと朗読が好き。
  • 中條アナの声は落ち着く。
  • ナレーションじょうず!

2019年9月30日から始まるNHKの朝ドラ「スカーレット」では、語り(ナレーション)を務めることで話題になりました。

 

【スカーレット ストーリー 公式サイトより】

戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。

名前は川原喜美子。

両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。

15歳になった喜美子は、大阪で就職し、新たな出会いによって、さらに成長する。

信楽に戻ったのちは、地元の信楽焼に惹ひかれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込む。

陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まる。

やがて愛する男性と結婚し、二児を授かった喜美子。

仕事も家庭もと、まい進の日々が続く。

だが、結婚生活は思惑どおりにはいかない。

最愛の息子は陶芸の跡継ぎとなるも、やがて別離が。

喜美子の人生は波乱万丈だが、その中で陶芸への情熱は変わらず、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだす。

陶芸家として独立したものの、貧乏は相変わらず。

だが、困った人を見捨てておけない彼女を、頼る者は後を絶たない。

なかでも、喜美子の陶芸そして人柄に惹かれて集まった若者たちを、我が子同様に愛し、見守り、育てていく。

彼女がつらい状況にあるときに支えるのは、かつて助けた人たち。

喜美子は陶芸の道に再び希望を見いだし、新たに絆を結んだ人たちとともに歩んでいく。

(産経新聞 https://www.sankei.com/west/news/181203/wst1812030023-n1.html)

「スカーレット」での、中條誠子アナウンサーの語りにも注目してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました