凪良ゆうの学歴や年齢などwikiプロフィール!結婚はしてる?

有名人

『流浪の月』で2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうさん。

どんな学歴の方なのか、年齢などのプロフィールをwiki風にまとめてみました。

結婚されているのかもチェックしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

凪良ゆうの学歴や年齢などwikiプロフィール!

凪良 ゆう(なぎら ゆう)

生年月日:1973年1月25日

年齢:47歳(2020年4月現在)

出身地:滋賀県

職業:作家

<経歴>

2006年 『小説花丸』(白泉社)に中編「恋するエゴイスト」が掲載され、翌年、長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的にB L(ボーイズラブ)作家としてデビュー。

ライト文芸『神さまのビオトープ』(講談社タイガ)で注目を集め、一般文芸で初の単行本『流浪の月』(東京創元社)、続いて『わたしの美しい庭』(ポプラ社)を発表。

『流浪の月』で2020年本屋大賞を受賞。

 

10年以上、40冊以上のB L作品を書いてきた凪良ゆうさんが、一般文芸作品で本屋大賞を受賞したことで話題になりました。

学歴については情報がありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

凪良ゆうは結婚してる?経歴からチェック!

凪良ゆうさんは結婚されているようです。

経歴から明らかになりました⇊

小さい頃から漫画が大好きで、漫画家になりたかったという凪良ゆうさん。

「花とゆめ」に掲載されていたBL漫画を小学生の頃から読み、二次創作を始めるきっかけとなります。

中学生になると、友達の影響で小説にも興味を持ち始めました。

その後、オリジナルの漫画もいたり、「マーガレット」に少女漫画を投稿したりして、プロを目指します。

しかし、10代の終わり頃からは音楽の方に興味を持ち始め、漫画や読書からは離れたそうです。

再び小説を読み始めたのが、結婚して暇になってから。

「銀英伝」を買ったことがきっかけで、また漫画を描きたくなりますが、ブランクがあったため描けず、小説を書くことにしました。

BL専門雑誌「小説花丸」に、中編「恋するエゴイスト」が掲載され、翌年に長編「花嫁はマリッジブルー」で本格的にデビューします。

 

ちなみに、結婚相手についてはわかりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました