黒川史陽の弟や父は?身長とドラフト候補の球団もチェック!

スポーツ

黒川史陽選手は、野球の名門・智弁和歌山高校の野球部で1年の春からレギュラーで活躍する「天才バッター」です。

抜群のバットコントロールで、左右に打ち分ける天性の打撃が持ち味で、特に低めのボールのさばきは天下一品だと言われるほど期待されている選手です。

そんな黒川史陽選手の父や弟、身長とプロフィール、ドラフト候補の球団をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

黒川史陽の身長やプロフィール

https://yakyutaro.jp/p/index.php?h=NsvHwsDvqT

名前  黒川史陽 (くろかわ ふみや)

生年月日  2001年4月17日

血液型  B型

出身地  奈良県河合町

出身小学校 河合小学校

出身中学校  河合町立河合第一中学校

高校  智辯和歌山高校

身長  182cm

体重  82㎏

遠投  100m

50m走  6.2 秒

投打  右投左打

ポジション  内野手

出身チーム  泉州阪堺ボーイズ(河合第一中学校)

好きな選手  西岡剛選手

日本代表  JUNIOR ALL JAPAN(2016年)

和歌山県選抜(日台国際親善野球試合)(2017年)

U-18野球ワールドカップ日本代表(2019年)

全国大会成績(中学)   中学3年 2016年ボーイズ選手権大会(3回戦)

全国大会成績(高校)   高校1年 2017年全国高校野球選手権大会(2回戦)

高校2年 2018年選抜高等学校野球大会(準優勝)

2018年全国高校野球選手権大会(1回戦)

高校3年 2019年選抜高等学校野球大会(ベスト8)

 

黒川史陽選手は、河合小学校1年生の時に、軟式野球を始めました。

 

そして、河合第一中学校では泉州阪堺ボーイズに所属し、主に三塁手や外野手として活躍し、3年生時には全国大会に出場しています。

 

さらに、NOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征も経験するというように国内外でも活躍している選手です。

 

智辯和歌山高校に進学すると、1年生春からベンチ入りをし、春の県大会で全試合に出場し、夏の選手権予選では3番サードでレギュラーとして活躍していました。

 

2年生春の選抜では、6番セカンドとして好成績を収め、チームの準優勝に大きく貢献しています。

 

続く夏の選手権大会でも甲子園出場をしており、チームの3大会連続甲子園出場の原動力となり、3年生春のセンバツでは主軸として活躍しました。

 

なお、東妻純平選手は、同級生のチームメイトです。

 

スポンサーリンク

  

黒川史陽の弟や父は?

https://number.bunshun.jp/articles/-/840224

黒川史陽選手の家族構成は、お父さん・お母さん・3歳上のお兄さん・黒川史陽選手・2歳下の弟さんの5人家族で、黒川史陽選手は、3人兄弟の真ん中です。

 

ネットで黒川史陽選手の名前を検索すると「父」とキーワードが出てきますが、黒川史陽選手のお父さんはどうして有名なのか知っていますか?

 

黒川史陽選手のお父さんは、平成5年春の選抜高校野球大会で大阪・上宮高校が全国優勝した時の主将を務めていた人で、名前は「黒川洋行(くろかわ ひろゆき)」さんです。

 

黒川史陽選手は、お父さんの洋行さんに対して、『憧れではなく、負けたく無い存在』と語っています。

 

つぎに兄弟についてですが、黒川選手は3人兄弟の次男で、兄弟全員とも野球をやっているそうですよ。

 

黒川史陽選手が野球をはじめるきっかけとなったという兄の「黒川大雅(くろかわ たいが)」さんは、宮崎県の日南学園に進学し、甲子園に春夏連続出場しています。

 

お兄さんは、弟想いなのか、SNSでは黒川選手に関する話題をよくチェックされており、SNSのアイコンは兄弟3人で写った写真にしているほどで、兄弟仲が良いことがわかりますよね。

 

黒川史陽選手の弟「黒川怜遠(くろかわ れおん)」さんは、2019年4月から石川県の星稜高校に進学予定ということまでしかわかりませんでした。

 

入学し、野球を続けているのなら、お兄さんと同じように甲子園で活躍しているかもしれませんね。

 

黒川家は、親子3人が甲子園出場するという、とても素晴らしい家庭ですよね。

 

スポンサーリンク

 

黒川史陽 ドラフト候補の球団は?

https://www.xn--8wv97xz6xo7h.online/kurokawa-chiben

黒川史陽選手へのスカウト評は、今のところ確認できませんでしたが、このようなコメントが見つかりました。

黒川選手へのプロからの評価は現時点では定かではないが、現時点ではドラフト目玉選手としては認識されていない。

がしかし。素材的にもポテンシャルが高いだけにドラフト中位、下位での指名される可能性が高いのではないか。

それに黒川選手は進学して大学野球で成長して、再びプロを道を目指す選択肢もある。

智弁和歌山で活躍した選手は卒業後、強豪大学への進学して活躍するケースもある。

 

黒川史陽の甲子園での活躍に期待

智弁和歌山の黒川史陽選手は、身長182cmの選手です。

父は、平成5年春の選抜高校野球大会で主将を務めていた選手で、兄も弟も野球をやっています。

まさに野球一家に育った黒川史陽選手が、甲子園でどんな活躍を見せてくれるか非常に楽しみですね。

ドラフト候補の選手になるのかも注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました