ケツメイシりょうじ(RYOJI)に持病はある?現在の病気や足の手術についても!

芸能人

ケツメイシのりょうじ(RYOJI)さんが新型コロナウイルスに感染していると発表されました。

りょうじさんには持病はあるという声が多く上がっています。

現在の病気や足の手術についてまとめてみました。

激太りの原因についてもチェックしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ケツメイシりょうじに持病はある?現在の病気や足の手術は?

りょうじさんは3月22日から発熱で療養していて、30日にPCR検査を受け、31日にコロナウイルス陽性と判明しました。

入院はしておらず、発熱した22日以降はメンバーと会っていないそうです。

コロナウイルスに感染ということで気になるのが持病があるかどうかというところですよね。

りょうじさんは「特発性大腿骨頭壊死症」であることを2016年に番組で公表しています。

その後2018年に手術を受けました。

そして、2019年に完治したことを公表しています。

完治していたというのは少し安心ですね。

 

スポンサーリンク

 

ケツメイシりょうじが激太りの原因は?

持病も気になりますが、りょうじさんといえば激太りしたことでも話題になっています。

昔は痩せていたりょうじさんですが、2005年の「さくら」あたりから太りだしたそうです。

ライブでりょうじさんは「ポテトチップスの食べすぎ」と話題になることもあったようです。

食生活が乱れていたのであれば、体調にも影響しますよね。

新型コロナウイルスとは直接関係ないかもしれないですが、健康管理には気を付けないとですね。

 

まとめ

ケツメイシりょうじさんは

  • 2016年に「特発性大腿骨頭壊死症」を公表し、2018年に足の手術をし、2019年に完治を公表
  • 2005年あたりから太り始め、昔に比べて激太りした

コロナからの1日も早い回復をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました